若者のためのノーチラスブランドの約束

Think Fitness Nautilus Logos2014331

ソチオリンピックで若者のストレングストレーニングを重要視

ソチ冬季オリンピックが開催され、スポーツパフォーマンスに世界中が注目し、スポーツトレーニングを通した勝利への取り組みが重要視されています。オリン ピック選手は若い年齢でトレーニングを始めており、数多くの研究の結果、若者向けのストレングストレーニングは若者のスポーツパフォーマンスの向上とケガ の減少において重要であるとして広く受け入れられています。

若者向けのノーチラスストレングストレーニングに関する本を5冊執筆しているウェイン・ウェスコット博士は言います。「強い骨をつくる最も重要な時期は幼 少期です。」また、彼は「ストレングストレーニングが9~12歳の女の子の骨をつくるのに約6倍も効果的で、それはまた、若い女性および中年や年配の女性 にも効果的である」という研究を引き合いに出しています。ウェストコット博士は言います。「ストレングストレーニングは、若者の骨にとって有害であるとい う説に反し、実際には強い筋骨格組織をつくり上げるベストな方法なのです。」
若者における強度の研究では、2ヶ月のノーチラストレーニングプログラムを完了した9~12歳の若者は常に大幅な強度の向上(15~100%)が見られます。ウェストコット博士は「女性や高齢者と同様に、子供にもストレングストレーニングは有効です」と記しています。

kids soccer日 本のオリンピック女子フィギュアスケートのトップ選手は、次のように述べていました。「今の私の目標は、自分の満足のいくプログラムができるよう、最後ま で滑りきる体力をつける事です。」 この取り組みは、ウェストコット博士の最近の研究である女子フィギュアスケート選手(平均年齢10歳)についての研究と関連しています。彼女たちのコーチ によると、10週間のトレーニング後、彼女たちの全体的な筋力は67%、垂直跳びは13%向上し、スケートのパフォーマンスは大幅に向上したという事で す。

ノーチラスの若者向けスケートプログラムは、最短の時間で最大の効果を達成するために、適度な重量でレップ数を多くする事を勧めています。ウェスコット博 士は次のように述べています。「ケガをすることなく若者向けのストレングストレーニングプログラムを15年間実施し、このプログラムが子供にとって肉体的 にも精神的にも安全で有効であると確信しています。」

日本の若者向けストレングストレーニングプログラムに具体的に取り組み、ウェスコット博士は次のように述べました。「12歳以上の子供は、標準的なウェイ トスタックマシンで効果的にトレーニングをすることができます。身長150cm以下の子供は、関節の回転軸とマシンの回転軸の位置を合わせるために追加の シートパッドや背パッドが必要な場合がありますが、腕と足を使って、安全にトレーニングをすることができます。」

ウェスコット博士の研究の具体的な内容は ngjbrandsolutions.com. でご覧いただけます。

 

教育に戻る
ノーチラスブランドの約束
プレスリリース
ノーチラス プレスリリース