ゴールドジム渋谷にてノーチラス・ワークショップを開催

Think Fitness Nautilus Logos

THINKフィットネスがアーサー・ジョーンズの伝説的なトレーニング原理を紹介しました。

2015年7月15日

2015年5月、ゴールドジム渋谷にてTHINKフィットネスがノーチラス・ワークショップを開催しました。参加者は、フロリダ州デランドでアーサー・ジョーンズが行なった「ノーチラス・スポーツメディカルインダストリー・マルチメディア・ワークショップ」で紹介された力学を目の当たりにした事に気づいて頂けたでしょうか。

ジョーンズ氏のノーチラス・トレーニング原理は、今日に至るまで、ずっと生き続けています。ジョーンズ氏が自身のトレーニング原理をもって論争を巻き起こした1972年当時とは異なり、今日ではACSM (American College of Sports Medicine) がその公式ガイドラインにノーチラス原理を採用するなど、その正しさが証明されて世界中で実施されています。

Arthur Jones Tradition今回のワークショップは、ノーチラスグループジャパン(NGJ)の創設者・相馬氏とジェラルド氏の全面協力の下、THINKフィットネスの淵上氏によって進行されました。淵上氏は、全可動域においてゆっくりとしたスピードのコントロールされた動作がいかに重要であるかを強調しながら、ノーチラスマシンの正しい使用法を巧みに説明し、参加者の興味を引きつけていました。また、ノーチラスの独創性の象徴であり、伝統的機構とも言える「4バーリンケージ」や「ポジティブ/ネガティブカム」が、実際のマシンでどのように応用されているかも紹介しました。

さらに、ノーチラスブランドの歴史やアーサー・ジョーンズの常軌を逸した天才ぶりにも触れ、参加者を楽しませていました。

ACSMの功労者であり、ノーチラス理論の専門家でもあるウェイン・ウェストコット博士は次のように語っています。

Arthur Jones Tradition「アーサー・ジョーンズが行なったワークショップとノーチラス・テレビジョン・ネットワーク(NTN)こそ、医療、ビジネス、フィットネス、スポーツなどの分野を率いるリーダーたちに対して、ノーチラスブランドを啓蒙していくための根幹でした。アーサー・ジョーンズのトレーニング原理が今もって有効であるということは、幸運にも彼のワークショップに直接参加することができた我々にとっては非常に喜ばしいことです。彼はメディアにおける専門技術も持っていたので、彼の言葉は従来のフィットネス産業界に留まらず、多くの人々に届けられていきました。NGJの相馬氏やジェラルド氏、そして私もアーサー・ジョーンズのワークショップに生徒として参加し、大いに刺激を受けたものです。」

「ノーチラスブランドが(社会に対して)掲げた約束」を日本のフィットネスと健康産業においてより強固なものにする為に、THINKフィットネスとNGJは、今後、日本中の顧客先でワークショップが開催できるようになることを心待ちにしています。

教育に戻る
ノーチラスブランドの約束
プレスリリース
ノーチラス プレスリリース