Schwinn Educationは過去最多の入場記録を更新したスポルテック2015で華々しくデビューを飾りました。

Schwinn Education Sportec 2015

2015年 10月12日

7月に3日間開催され、約41,000人ら来場したスポルテック2015で、Schwinn Educationはトレーニングや教育プログラムの提供に定評のあるブラボーグループによって華々しくデビューを飾りました。

Schwinnの創始者であるイグナスが1895年から唱える、素晴らしいブランドとして成功し続けてきた要因として、教育があげられます。それはインドアサイクリングのレッスンに参加したひとを維持すること、また世界的規模でインドアサイクリングのコミュニティを構築する上で欠かす ことはできません。
Schwinn Educationは世界17カ国4万人以上のインストラクターにライセンス取得されていますが、日本ではこの5月にブラボーグループで最初のライセンス 認定が行われました。

Schwinn Education Sportec 2015日本でのSchwinn Educationのプロジェクトリーダーである倉岡氏によると「スポルテックでSchwinn Educationを市場に発表するのにちょうどいいタイミングであったのと同時に、多く人にSchwinn Educationの良さを知ってもらうだけではなく、日本のマーケットが強い興味をもっていることを我々は知ることができました。また私たちのブースは常にたくさんのフィットネスクラブのオーナーや支配人たちが来て、どのようにSchwinn Educationがクラブメンバーや施設に効果をもたらすのかを多くお問合せを頂き、またお互いに意見交換ができました。」

Schwinn Education Sportec 2015倉岡氏は次にこのようにも言っています。「 日本でも以前からインドアサイクリングはありましたが、ついにはサイクリングスタジオが日本の主要都市にオープンするほど流行ってきました。
特にフィットネスクラブの支配人などはクラブメンバーに、効果的で魅力的な本物志向のあるインドアサイクリングのプログラムを提供するために、ト レーニングや教育についても強い興味を示しています。そこでわたしたちはSchwinnの継続的な教育と認定コースについて説明し、またすぐとな りに隣接するTHINK FITNESSのブースで世界的に有名なSchwinnのバイクを見ていただき、私達のブースはお客様で混んでいましたがスムーズにお客様を誘導すること ができました。」

NGJブランドソリューションの代表、グレゴリー・ジンク氏はこう結論づけます。「私たちSchwinnインドアサイクリングは、ブラボーグループの教育やトレーニング、THINK FITNESSのバイクの販売を通じて日本市場をリードし、競合がまねできないSchwinnブランドとしての日本での展開ができます。」

プレスリリース

シュウイン プレスリリース